2014.06.05(Thu):ハッピー(ワンコ)
今年はハッピーさんに始まってわんこの訃報が多いな。
今日、ハッピーさんと仲良しだったコーギーのこうちゃんが虹の橋を渡ってしまったそうです。
数日前から腎臓が悪く入院していたそうですが、今朝家族に看取られて安らかに逝ったそうです。
きっと、虹の橋の向こうでハッピーが待ってるよ。
また、一緒に仲良くガウガウ言いながら遊ぶんだよ。
こうちゃんも優しい素敵な家族と過ごせて幸せな一生だったことでしょう。
明日、ハッピーさんと同じ霊園で荼毘にふすそうです。

先月末には神奈川の叔母の犬が狂犬病ワクチンが原因で狂犬病のような症状が出て
一旦おさまっていたものの再び発作が出て、叔母もつきっきりで看病したそうですが、
どうすることもできず、病院に連れていきやむなく安楽死させたそうです。


ハッピーさんさみしいのかな?
確かに年齢近い子が多いけど、あんまり一度に誘っちゃだめだよ。
またあっちではリーダーやってるのかな?
私はさみしさはもう癒えたけど、今日は久々思い出して泣きました。

こうちゃんと仲良くね。

こうちゃんとこうちゃんの家族の皆様お疲れ様。

こうちゃんのご冥福をお祈りします
2014.02.09(Sun):ハッピー(ワンコ)
今日はハッピーさんの四十九日法要に行ってきました。
その霊園では11-2月初めに火葬されたペットを対象に本日供養を行うということでした。
曇りで寒い中たくさんの家族の方がペットの遺骨を持っておとずれてました。
ハッピーがここで火葬されたのは2週間前なんだなあ。
あっという間な感じ。
もう遠い昔のことみたいなんだけど、まだ2週間なんだね。
ちゃんとしたお寺のお坊さんが人間と同じようにお経をあげてくれて
家族はご焼香して・・・。
対象のペットの名前を順番に読み上げて、1時間にわたり供養。
本当に手厚く供養していただいてうれしかったな。
お経聴きながらいろいろ思い出してちょっと涙したけど、
もう私は大丈夫です。
ハッピーの供養もこれで一区切り。
一緒に付き合ってくれたリア友と終わってからランチしてドライブして
帰宅しました(ハッピーさんは一旦おうちに連れて帰りお留守番)
今まで長いことできなかった、時間をあまり気にしないでドライブを
久々にできて楽しかったです。

ハッピーありがとう^^
付き合ってくれた友達もありがとう^^

2014.01.29(Wed):ハッピー(ワンコ)
今日は母のところへ報告に行ってきました。
母自身は調子がよいようで、顔色も顔つきもとってもよくて楽しく過ごしているみたいです。
ハッピーのことを伝えると、
「かわいそう」と言って涙ぐむので私もつられて涙。
それを見ていたスタッフさんが心配して
「帰りたいって泣いてるの?」と聞いてきました
(どうやら帰りたいと言って泣いたことがあるらしい)
そこで理由を話しました。
母は「(歳だったから)しょうがない、でもかわいそう」
と泣くので
「かわいそうじゃなくて、ありがとうってお空に向かってお祈りしてあげてね」
と伝えました。
母にとってもかけがえのない存在でしたから、最期に会わせてあげたかったけど
それはかなわないまま・・・。

そのあと叔母宅へ。
叔母がハッピーにお参りしたいというので
うちへ連れてきました。
叔母にもハッピーごとでお世話になったしね。
お参りしてから、ランチや買い物に付き合いました。
ランチはハッピーの友達がやってるお店に・・・。
そこのわんこにも会いたかったので。
帰りに私にお疲れ様と言ってクロワッサンを
焼いて持たせてくれました。
ハッピーさんとの素敵なご縁に感謝。

午前中には友達からお花も届いて、
こんなにみんなに惜しまれてハッピーは幸せ者です。
飼い主もうれしい。

言葉をかけてくれた皆さん、気遣ってくれた皆さん、
本当にありがとうございました。


2014.01.28(Tue):ハッピー(ワンコ)
ハッピーさんのお見送りを友達に付き添ってもらってしてきました。
友達が紹介してくれたペット霊園はとても自然豊かなところにありました。
丁寧に見送っていただいて、いろんなお話もして
そこに飼われてる犬や猫が心を癒してくれたおかげで
その瞬間まではつらかったけど、そのあとは気持ちが穏やかに
笑ってお見送りできました。
ハッピーは無事に天国へ旅立ちました。
お骨は持ち帰ってしばらく供養します。
いずれだれかがお墓に入る時一緒に入れてやろうと思っています。

最後・・・さよならは言わないって決めてたので
ありがとうって言って永遠の別れをしました。

霊園の方が「ハッピーちゃんは肝臓に腫瘍があったみたいです」
って教えてくれて初めて知りました。
かなり大きなものだったけど、年齢的にも無理はないと・・・。
あまり苦しがったりしなかったので幸いでしたが、
致命的であったのかもしれないです。

とてもいい霊園でハッピーを見送ることができて、
よかったです。

まだ姿があるとき、大好きだった太くて短い前足をいっぱい握りました。
ふなっしーみたいってからかったり、不安そうな時は握ってあげると
落ち着いてたり・・・。
まだ、ちゃんと感触覚えてるよ。



さあ、次は私の番。
さみしがってばかりはいられない。
一歩前へ進まなくちゃ。

2014.01.27(Mon):ハッピー(ワンコ)
いつも通りの朝、今日はハッピーの通院日だった。
いつも通り変わりなく、ご飯も食べ、病院に連れて行った。
治療中もなんの変わりもなく過ごしていた。
治療が終わって会計待ち。
ソファに座り私の膝の上に乗っけて、その時も変わった様子はなかったのに
「キュンキュン」って鳴くから
「もうすぐ帰れるよ」って伝えて
会計の順番きて、抱えたとき
えらく舌が出てるなとは思った。
床に下ろしたときもグニャグニャで
その時に気づけばよかったんだけど、
駐車場で車に乗せるときに息をしてないことに気付いた。
急いで引き返して診てもらったけど、
もう心臓が止まってた。
蘇生しますか?って言われたけど、
無理な延命はしないって決めてたので
そのままで・・・。
いつも診てくれてた先生が
「がんばったもんね」
って言ってくれて・・・。
棺に入れてもらい連れて帰りました。


キュンキュンって鳴いたとき、きっと私に知らせたんだと思う。
覚悟はしていたけど、あっけなさすぎて・・・。

がんばったもんね。
もうゆっくり休んでいいよ。
動かなかった体も動くようになって、先にあっちに行ってる仲良しさんと
一緒に走り回ってるよね。

ハッピー、うちの子でいてくれてありがとう。
あなたと過ごした14年は本当に楽しかったよ。
あなたはどうだったかな?
行きとどかない飼い主だったけど、幸せだったかなあ?

明日火葬するまで最後のときを一緒にすごします。

生前、かわいがっていただいた皆様、
ありがとうございました。