--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.12.31(Sun):ひとりごと
怒涛の年末が終わりました。
今年も知人のおねーさんのご厚意でおせちを
作っていただきました。感謝。

2017もいろいろありました。
母のことも叔母のことも・・・。
自分のことよりそっちが主だったかなあ。
自分の事=アラシゴトって感じですからね。(*´艸`*)
2017のアラシゴトといえばやっぱり夏ですよ!!
サトシゴト。「忍びの国」の夏でした。
同じ映画を8回も見るという・・・。
でも、なんか充実の夏でした。
あとはコンサートですね。
2017年明け念願のオーラス(福岡)に参加できました。
そして2017の年末も福岡のコンサートに参加できました。
嵐にはじまり嵐に終わった。
なかなかいい1年だったと思います^^

SNSを通していつも仲良くしてくれてる皆さま。
もちろんお会いした皆さま。
この1年大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

よいお年をお過ごしくださいね


スポンサーサイト
2017.10.31(Tue):ひとりごと
先日の健康診断で便潜血陽性反応がでまして、要検査の封筒が送られてきました。
去年胃カメラをした近くの医院が大腸内視鏡もやってるので今日予約を入れていました。
検査3日前から食事制限があり、前日の夜からは水分以外絶食。
下剤を2錠と液体を1本飲んで早めに寝ました。
夜中お腹の激痛で目が覚め、トイレに・・・
あまりの痛さに冷や汗と貧血で1時間トイレから出れずでした。
(これが一番つらかった)
そのあとは朝まで落ち着いてましたが、朝はマグコロールという粉を水道水で溶かしたもの1.8リットルを2時間かけて飲まなくてはなりません。
これが苦痛だという話をよく聞くんですが、案外私は平気でした。
残り500mlくらいになったころからトイレに行きはじめ、
飲み終わったころにはちょうど2時間。
10回くらいトイレに行ったかなあ?
透明になったし、便意を感じる時間間隔も長くなったので
予約時間より早めに病院へ行きました。
看護婦さんのチェックを受けるとなんと!!
一発OKヾ(*´∀`*)ノ
控室には2人ほど女性がマグコロールと格闘中でした。
一足お先に大腸内視鏡検査へ。
麻酔をかけるので意識はもうろうとしつつ、モニターは見れます。
検査自体は全くなんの苦痛もなく終わりました。
結果は異常なし。
よかったー。ホッとしました。
これで一安心。

人生初の大腸内視鏡検査でしたが、マグコロールはそんな大変ではなかったです。
私が二度と味わいたくないのは前日飲んだ下剤からくる激痛。
あれはきつかった。
でも、しばらくは内視鏡はいいかなあ。


2017.08.10(Thu):ひとりごと


地元で開催中のジブリ展に行ってきました。
ロビーにはこれが↓




ちゃんと動いてるんですよ。
そして、入り口↓



そんなに期待はしてなかった←すいません
んですが、時間あっという間に過ぎるくらい楽しめました。
映画の発案、企画、作成、宣伝、公開などの過程のやりとりの資料が
あますことなく公開されてて、手書きの手紙やスケジュール表など
貴重なものがたくさん。
一番最後のブースにはネコバスがあり、ここは中に入ったりバスの前などで
撮影が可能。
待ってる途中には↓





トトロのシルエットが(≧▽≦)

そしてこれがネコバス↓





正面からのは一瞬人がいなくなったところを
うまく撮ることができたミラクルな1枚。
行先の札がちゃんと「おおいた」になってるところがまた
なんともニクイ演出でした。

終着点には↓



トトロのエンディングで出てくるのと同じもので
最後の最後までジブリの世界観が生かされていて、
とてもよかったです。
ジブリって和製○ィズニーランドですね。
そして・・・↓



スタンプラリーでもらったタオル。

9/3日まで開催されてまーす(笑)


2017.05.07(Sun):ひとりごと
母は昨日、一般病棟へ移りました。
思ったより早い回復。
輸血ってすげー。
一昨日と昨日してたんですが、昨日行くと血色もよくなり
反応がすごくよくなってて、
看護師さんが「娘さん来たよ-」って言うと薄目を開け、
その途端眉毛がハの字になって泣き顔。
「どうしたん?不安やったん?怖かったん?」
って看護師さんが聞くとうん。とうなづいた。
「怖かったのはこっちやわー」と私。
「今日はご機嫌やね」というとうなづき、
「昨日はきつかったんやなあ」と言うとうなづき、
母の回復力と輸血の効果に驚きました。
「献血してくれた人がいるからあんたに輸血が
できたんで、感謝やなあ」と二人でちょっと涙ちょろり~♪
お昼一旦帰宅して、午後からまた出直すと
ちょうど母の異動の準備をしてるところでした。
「安定したので一般病棟へ移りますね」
(なんてナイスタイミング)
で、一般病棟へ移りました。
今日も落ち着いてて、点滴の本数も減り
順調に回復してるようです。
一般病棟に移ったので明日から私もお仕事。
ただ、母が退院するまでは早めに上がらせてもらうことにしました。
そういう融通が利いてくれてありがたい。
勤務地が遠いので同じチームの人にも迷惑をかけてしまうのが
いつも心苦しい。
今後もこういうことはあるし、やっぱり近場に異動したいなあ。

今日までより明日からがハードかも(;^ω^)
でも、なんとかがんばまります。


18238602_794999633984284_2332564792920695054_o.jpg

2017.05.05(Fri):ひとりごと
昨日、午前中に施設から「血尿が出て、膀胱炎のようなので点滴を開始して様子をみます」
と連絡があり、今日が休みだったので面会に行くことにしていました。
夕方、スマホチェックしたら施設から2回も連絡があって急いでかけなおしたら
「発熱とおう吐があり、病院へ受診になりました」
とのことでちょっと深刻な感じだったので上司と相談して早退させてもらうことに・・・。
病院まで約1時間かかりました。
(こんなとき勤務地が遠いのは本当に困る。)
休日で当番医だったし、結構時間外の人がいたみたいでかなり待たされ、
(結果待った時間3時間。面談した時間5分)
やっと私の順番。
先生の説明だと「出血性膀胱炎で膀胱と尿道がはれていて尿がでにくい。
膀胱内で出血があり血の塊で圧迫されていて、処置時に膀胱洗浄したときは
ほぼ血液が出てきた。腎機能の低下もみられ処置時は反応もなくちょっと危ない状態だった。
今は少し落ち着いているが、極度の貧血と血圧低下がみられる」
と。
その状況は脱したけど、そういう状態もあったのでと万が一危険な状態で判断をしなければならないときどうしますか?と聞かれました。
私としては積極的な延命はしないでほしいと。
要するに気管切開して人工呼吸器を取り付けるとかはしないでほしいと
伝えました。

そのあと、そのままHCUへ入院となりました。
今朝、面会に行ったら少し反応するようになってて薄目を開けたりうなづいたり
してくれました。
ただ、やはり血圧低下と貧血がひどいので輸血することに。
あと先生が気になるのは肺炎を起こしてるということ。
胃瘻にしてても唾液が誤嚥を起こすために肺炎になるので、
しばらく胃瘻は中止で点滴のみになるみたいです。
肺炎がなければ2週間前後で退院できるようですが、肺炎があるので
少し入院が延びるみたいで・・・。(--)
私としてはあまり仕事も休めないけど、HCUにいる間だけ休ませてもらうことにしました。
職場が近ければ休まなくてもなんとかなるでしょうけど、
呼び出されても到着までに1時間近くかかるので安定するまでは
仕方ないです。

仕事の帰りに病院へ直行して帰宅が21時。
さすがに疲れました。
今日は午後からガッツリ昼寝してしまった(;^ω^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。