2010.08.24(Tue):ひとりごと


チケットのことについてちょっと個人的な考えを・・・。

気分のよくない発言もあるかとは思いますので・・・

見たくない方はスルーしてください



【More...】

これだけチケットが取りずらいといろいろな作戦とかってありますよね?

自分なりにやれることはやってるけどでもダメだって場合多いと思うんです。
家族で数口入っててもダメ、友達と協力したけどダメ。
逆に一口で勝負をかけたら取れたって場合も。
いろんな方法があって、それを実行することはちょっとでもチャンスを増やしたいからですよね。
ただ・・・それにも増して大事なのはネットワークだと思うんです。
実際、全滅だった嵐友さんの中で何人も仲間によって参加できることになったといううれしい声を聞いています。
私も結果、友達のおかげで参加できることになって本当にネットワークの大切さを痛感しました。
私個人の考えとしては、どんな手だてを打っても最終的には運だと思ってます。自力でも他力でも。
ただ、そのあとの救いの神はやっぱりネットワークで繋がる大切な仲間や友達。

それとよくお見かけする内容で、「自分は外れたのに何公演も参加できる人がいるのは信じられない」
中には一公演分くらい落選者に回してよってのもあった。
気持ちはわかるんですよ。
でもこれも結局運だと私は思ってます。
自分、行けるからそんなこと言えるんだって思われるでしょう。
それはあるかもしれないです。
でも、私は落選してもそう思わないようにしたいなと思ってます。
不正入手なら許せないですよ。
でも、たまたま友達同士で違う日をエントリーしたら両方当たったって言う場合は不正でもなんでもないですもん。
それに当たったら両方行きたいし、それを一公演行くからって譲るって人あまりいないと思います。
たぶん・・・外れたからそう思うんであって、当たってたらきっと迷わず両方行くと思いますし。
去年、私は運よく3公演も参加できました。
だから、万が一今年最後まであきらめずにいてもダメだったら・・・去年3公演も行けたんだから仕方ないって思うようにしようと思っていました。
去年も一公演も参加できなかった人はたくさんいます。
そんな中、3公演も参加した私はとっても運が良かったと思います。

そう思えるのは今年もなんとか参加できるからだろうけど、何公演も行ける人が悪いと思うのはちょっと違うかなと思います。
それはその人の運であり、培ってきたネットワークだと思うから。
その信頼関係を大切にしていきたいものです。

もちろん、中には気が合わないとかこの人はちょっと・・・ってのもあると思います。あって当然です。
でも、せっかくのご縁をなるべく大切にしていけたら、きっとそのネットワークはたくさん増えて行っていざというとに自分を助けてくれる。
自分も相手を助けてあげられるかもしれない。

私はそう思ってます。

きれいごとだとかいい人ぶるなと思われるでしょう。
自分は落選してないからそんなこと言えるんだって思うでしょう。

ただ・・・今の嵐は一人一公演にしても、落選はつきものだと思います。
明日は我が身。

ただ・・・じゃあ私は運がないんだって思わないほうがいい。
いつかは幸運が来るはずです。
そのためにもネットワークはたくさん繋げておく必要があるのかも。


今回のいろんなチケット事情を見ててそう感じたので、ちょっとひとりごとしてみました。

あくまでも私個人の考えなので、気を悪くされた方ごめんなさい。

Secret